名古屋市天白区のサハシ歯科(緑区に隣接)は、歯周病治療、虫歯予防、口腔外科に 熱意を持って取り組んでます
ブログ

審美(歯並び、ホワイトニングなど)へのよくある質問

顎が小さい子供は硬いものを咬むようにすれば、顎が大きく成長するのでしょうか?

顎(あご)の大きさが小さい場合には、歯並びがきれいにならず歯と歯が重なりあったりする乱杭歯になってしまい矯正治療が必要となることも多くなり、可能ならば顎(あご)が大きく成長するのが望ましいことでしょう

しかし近年、時代と共にますます人の顎(あご)の大きさは小さくなってきているようです。

011_24.jpg

1、顎を鍛えるためと称して、硬いものを咬むのが苦手な子供に、無理に硬い食物(するめ、イカ、タコなど)を食べるさせるようなことは止めるべきでしょう。

それまでの生育過程で硬いものをあまり日常の食事で食べてきていない子供の咀嚼筋(咬むための筋肉)は、柔らかい物しか食べれない程度の軟弱な筋肉なので、いきなり硬い食物を食べれば、(能力以上の負荷を筋肉に与えることになり)咀嚼筋を傷めるだけになり、決して鍛えることにはなりません。

そもそも、そのような子供に硬い食物(するめ、イカ、タコなど)が咬めるはずがありません。

そのため、いつまでも口の中に食物を溜め込んだ後、しばらくしてから食物を咬まずに丸飲み込んでしまうことになるのです。

なお、「食べ物を”咬む能力の発育”には、”離乳の進め方”が非常に深く影響しています」も、ぜひご参照いただくとよいでしょう。

2、咀嚼筋を鍛えるには、野菜などの繊維性の食品をよく咬む(食物を一口入れるたびに30回以上咬む)のを日常生活で常に心がけることが、もっとも適切な方法でしょう。

この方法であれば筋肉の能力以上の過度な負荷で筋肉を傷めることなく、確実に咀嚼筋は鍛えられ咬む能力は増強していくでしょう。

3、しかし、顎(あご)が小さくなってきたのは、単に食物が柔らかくなり、あまり咀嚼しなくなったことだけが原因とは必ずしも言い切れないのです。

詳しくは「現代人に顎の骨小さい人が増えている原因?」を参照ください。

▲審美(歯並び、ホワイトニングなど)へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

成人の歯並びの治療は矯正治療でなくても、歯を削って冠をかぶせる方法でもよいのですか?

成人の歯並びの治療では、矯正治療が第一の選択肢ですが、患者さんの要望(治療期間、費用など)や口腔内の状況(歯並び、歯周病、虫歯、顎関節の状況など)により歯を削って(セラミックなどの)冠をかぶせるなどの方法で歯並びを改善する方法のほうが、良いこともあります。 

成人の歯並びの治療では、(成長期での歯並びの治療とは)少し異なる考え方もしたほうがよいでしょう。

 

特に、以下のような場合は、矯正治療を避けたほうが良いでしょう

1)特に歯周病が重度に進行していたり、顎関節に異常(開口障害、関節雑音、開口時の痛み)がある時、

(よほど考慮して治療を進めないと)むしろ矯正治療によって、さらに歯周病や顎関節の状態を悪化させてしまう可能性も非常に高くなります。

2)2~3年以内に妊娠の可能性がある女性は、

(妊娠中は非常に歯肉炎や歯周病が進行しやすく)矯正治療中に妊娠した場合よほどブラッシングなどに注意しないと(通常の矯正治療以上に)歯肉炎や歯周病が原因で矯正治療が思うように進まないことも多いです。さらに出産、育児の際の生活環境も考慮に入れたほうが無難でしょう。

3)勤務先の関係で通院できないほど遠方に転勤する可能性が2~ 3年以内にある場合

矯正治療は避けたほうが無難でしょう。

(多くの成人矯正治療は歯を動かすだけで2~ 3年以上を要することが多いです)

以上のようなケースでは矯正治療よりも、むしろ冠をかぶせる治療法の方がよい場合も多いでしょう。

実際に成人で歯並びなどを治療しようとする時には

口腔内を歯科医に診てもらい、それぞれの患者さんにとってよりよい歯並びの治療法をよく相談したうえで、決めていくのがよいかと思います。

しかし、初めから矯正専門歯科医院にいくと、矯正専門の医院なので、その医院では矯正治療以外に治療法がなく(本当は冠をかぶせる方法がよい場合でも)矯正治療で歯並びを治すことになってしまう可能性が残念ながら高くなるかもしれません。

ですから成人の歯並びの治療は、まず初めは(矯正専門歯科医院よりも)私どものような一般歯科治療も成人矯正も行っている歯科医院で相談するのが、よいのではないかと思います。

もしも矯正専門医で治療を受けた方が患者さんにとって良いと判断された場合は、すぐに矯正専門歯科医院を紹介させていただくことになるでしょう。

 

サハシ歯科(名古屋市天白区)では、このような考えで、診療させていただいています。

 

 ▲審美(歯並び、ホワイトニングなど)へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

成人の矯正治療で注意すべきことは?

、成長期の矯正治療でもよほどしっかりブラッシングしないと虫歯になるだけでなく歯肉炎なども進行しやすいのですが、成人で進行した歯周病(いわゆる歯槽膿漏)の人では、矯正治療中に歯周病がさらに悪化しやすく、より重度になっていく可能性があります。

矯正治療中は特に、より徹底した歯の清掃や歯石除去などの歯周治療も同時に併せて行うことが非常に重要になります。

なお、成人矯正(20歳以降の矯正)では、たとえ矯正治療前には歯周病に罹患していなくても、矯正治療後に多少なりとも歯間部(歯と歯の間)の隙間が生じたり、歯間乳頭部(歯と歯の間の歯肉部)の退縮などが生じることが多いです。

そのため成人矯正治療後には歯間部の清掃のためにブラッシング時に必ずフロス、歯間ブラシも併用するなどの対応が必要不可欠になる場合が多いでしょう。 

、成長期の矯正治療でも、歯のかみ合わせへの配慮は非常に重要で、その配慮のない矯正治療はありえません。

しかし成長期は、歯のかみ合わせは成長に合わせて変化していくところもあり多少の許容性もあるのですが、成人の歯のかみ合わせは、すでに完全に形態の定まった顎関節や咀嚼筋による各個人ごとの個性ある顎運動(上下の顎の動き)が存在していて、この顎運動を少しでも(矯正治療などで)変えてしますと、顎関節症や不定愁訴などの原因になってしまう可能性がきわめて高くなってしまうのです

歯のかみ合わせは、たとえ髪の毛1本でも、すぐに識別できるほど繊細なものであり、

成人矯正後のかみ合わせの調整は(成長期の矯正以上に)厳密に調整することが、求められます。 

▲審美(歯並び、ホワイトニングなど)へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

高齢者の方でも、歯並びが良く、白い歯の方も多いですが、何か良い治療法があるのですか?

 このような質問は、

高齢でありながら、(前歯が入れ歯ではなくて)まだほとんどの前歯が残存し、なおかつ天然の歯のままの状態(冠なども被せていない状態)の方がよくされます。

ご自身の口腔内の歯の状態は、”非常に恵まれた”良好な状態である方と言ってよいでしょう。

 1、高齢者の天然歯の状況

年齢が高くなるにしたがい虫歯などにより歯に詰めるだけでは済まず、冠を被せざるえないことも増えてきますが、冠を被せた場合は外観(審美性)はよくなるでしょう。

しかし高齢者本来の天然歯(冠を被せても詰めものもない歯)は、高齢になるにしたがい(たとえどんなに健全な天然歯であっても)少しずつ磨耗した形となり、亀裂が大なり小なり歯の表面に生じ、歯質の中へ色素沈着が起きてきます。

また、矯正治療などを行っていない限り、

ほとんどの場合、歯並びも本来の天然の歯列では歯並びの乱れが大なり小なり多少あるでしょう

 

2、高齢者の歯の喪失状況

(個人差もかなりありますが)、高齢になるほど歯を喪失する傾向にあり、年齢とともに喪失した歯の部分を人工歯で覆う大きな義歯にどんどんなっていくことが多いです。

一般的に40才代半ばぐらいから歯を(歯周病、虫歯などにより)喪失する人がしだいに増え始め、50才台では約半数程度の方に義歯が必要な状況であり、さらに年齢とともに喪失歯は増え(親知らずを入れずに28本のところ)60歳で平均8本程度、70歳で平均14本程度、80歳で平均21本程度喪失しているのが現在の日本人の実情です。(ただし個人差もあり80歳で喪失歯が8本以下で20本以上残存歯がある人も2割程度います)

つまり、多くの方が高齢になるとともに喪失歯が増えていき、それに伴いより大きな義歯を入れざるえなくなっているのが現状でしょう。

まず初めに奥歯を喪失し、次に前歯を喪失することが比較的多いようですが、前歯もしだいにその多くの部分を義歯の人工歯にしていくことになるのです。最終的には総義歯になる人もいます。

 3、総義歯やそれに近い義歯(前歯のほとんどを覆うような義歯)を装着している人の状況

高齢であるにもかかわらず若い世代の人のように綺麗な歯で理想的ともいえる綺麗な歯並びの人は、義歯による人工歯かまたは、歯に冠が被せてある状態でしょう。

これらの人の外観(見た目)は他の人(特に前歯が天然歯の高齢者)から見ると前歯の歯並びが綺麗で、歯も白くて「すごくうらやましい」とか「あこがれる」いうことになりやすいです。

しかし義歯を装着している人自身は、大きな義歯になるほどますます(ご自身の歯と異なり)食物も咬みずらく、発音もしづらく、違和感もあるなどで、日々絶えず人知れずつらい思いを大なり小なりしているのですが、多くの場合みっともないと思うので、他人(中には、家族にも)には決して義歯を装着しているのを知られないように日々振舞っているのが実情でしょう。

4、高齢にもかかわらず天然歯が残っている人へ

高齢にもかかわらず(たとえ歯に多少の亀裂があったり磨耗があっても)天然歯が残存しているというのは、大変恵まれた方であるということです。

高齢でも天然歯であればホワイトニングは可能です。詳細はこちら⇒

けっして大きな義歯を入れたりや冠を被せているために綺麗な歯や歯並びに見える人をうらましいなどと思わないほうがよいでしょう。

なお、お知り合いや友人などが義歯を装着している事に、もしも気がつくことがあったとしても、そのことをけっして話題にしないほうが(相手を深く傷つけてしまう場合も多いので)無難でしょう。

▲審美(歯並び、ホワイトニングなど)へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ