名古屋市天白区のサハシ歯科(緑区に隣接)は、歯周病治療、虫歯予防、口腔外科に 熱意を持って取り組んでます
ブログ
  • HOME »
  • »
  • 虫歯治療、根管治療(いわゆる神経の治療)へのよくある質問

虫歯治療、根管治療(いわゆる神経の治療)へのよくある質問

虫歯でなくても歯が磨り減る事があるのですか?

虫歯でなくても歯が磨り減ることは決して珍しいことでなく、しばしば起きることです。

歯が磨り減った結果、冷たいものがしみたり、歯の咬みあわせ狂ったりなどの症状が出て、歯科治療が必要になります。

虫歯でなくても歯が磨り減る主な原因として以下のものがあります。

1、歯磨き方法が適切でない。

歯頸部(歯と歯肉の境界部分)の歯肉は非常にデリケートで傷つきやすい組織なので、(歯磨きのトレーニングを受けずに自己流で無頓着に)何気なく歯を磨くと、歯頸部の歯肉は傷つき退縮し歯根が露出してしまうことが、しばしば起きます。

 いったん歯根部が露出すると、歯根部は歯冠部に比べるとかなり硬度が低いので、(適切な磨き方をしていていないと)急速に歯根部のみがクサビ状にえぐれて磨り減っていき、冷たいものがしみるなどの知覚過敏の症状を呈することになるのです。

電動歯ブラシの使用や、多量の歯磨き剤の使用でも、このようなことになることもあります。

これを防ぐには、適切な歯の磨き方をすることが必要です。

詳しくは”具体的な歯の磨き方”をご参照ください。

2、 日常生活で、酸性度の高い飲料(炭酸飲料など)や食物(みかんなどの柑橘類)を継続していつも好んで摂取していたりすると、虫歯でなくても、酸によって徐々に歯の表面が溶かされ、歯が磨り減ったような状態になってくることがあります。その結果冷たいものがしみてくることもあります。

3、歯の食いしばり、歯のかみ締め、歯ぎしりの習癖がある。

運動時や仕事、家事、読書、趣味などで気持ちが集中する時に、歯の食いしばり、歯のかみ締めをしている人がいます。また、就眠時に無意識下で歯ぎしりなどを断続的に行っている人もいます。

これらの歯の食いしばり、歯のかみ締め、歯ぎしりの習癖があると、徐々に歯のかみ合わせの面や歯の先端(咬合面や切端)が磨り減っていきます。

この結果、上下の歯のかみ合わせが本来のものと異なってきて、諸問題が生じることになります。

このような人には、”歯ぎしり防止装置”などの対策をとることができます。

4、加齢により歯が磨り減ってくる。

加齢(高年齢になること)により歯が磨り減ってくるということは、当然起きてきます。

天然歯(被せても詰めてもない歯)では、萌出後(歯が生えた後)歯のかみ合わせや側面など全体的に徐々に、ほんのわずかずつ磨り減ってくるのは、やむをえないことです。

その結果、高齢になると、上記(1~3)のような要因が特になくても、加齢により歯が磨り減ったために、(虫歯でないのに)歯の治療(詰めたり被せる)が必要になる場合もあります。

▲虫歯治療へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーのTOPへ

「歯の神経を抜く」とは、どのような治療が行われるのですか?

IMG_0002.jpg

(図はサハシ歯科パンフレットより転載)

歯の神経とは何か

歯の神経とは、専門的には”歯髄”と呼ばれる歯の中の組織です。

虫歯が深くなってくると、”歯髄”の部分に虫歯菌が感染し、”歯髄”に炎症を起こすのです。

(上のイラストを参照してください。)

その”歯髄の炎症”の自覚症状としては

”歯に深い穴が開いている”、”ズキズキ激しく痛む”、”食べ物を咬むと痛む”、”冷たいもの熱いものにしみる”などの症状があります。

なお、過去に”歯髄”の治療がすでに済んでいる歯の”歯髄炎の再発時”の症状としては

”硬いものを食べた時に痛む”、”熱いものを食べると鈍い痛みがある”、”歯根部付近の歯肉が腫れ、痛む”、”レントゲン上で歯根部に透過像(ウミ)を認める”などの症状があります。

歯の神経を抜く治療”つまり”歯髄の治療”の具体的な流れ

IMG.jpg

(図はサハシ歯科パンフレットより転載)

「歯髄の治療」の具体的な流れは、真上のイラストのようになります。

「歯髄の治療」を行った場合、それに引き続き歯の形を復元し、歯のかみ合わせや審美性(見栄え)を回復したり(歯髄の除去後、歯はもろくなるので)破折防止のために冠(クラウン)をかぶせることが多いです。

 ▲虫歯治療へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーのTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ