名古屋市天白区のサハシ歯科(緑区に隣接)は、歯周病治療、虫歯予防、口腔外科に 熱意を持って取り組んでます
ブログ

抜歯、口腔外科へのよくある質問

斜めに生えた親知らずの治療はどのような治療法になりますか?

親知らず(智歯)とは

親知らず(智歯)は、最も遅く生える永久歯で、上下左右の一番奥の場所に、おおよそ18歳位から20才台になって生え(萌出を)始める場合が多いです。

親知らずは、生えるスペースが十分に口腔内になくて、斜めや横に倒れて生えたり(萌出したり)、生えてこれないまま骨の中埋まっていることのほうが、多いです。

親知らずが一番奥の場所で斜めや横に倒れて生えて(萌出して)いる場合には(どんなに工夫しても)十分なブラッシングが出来ないことも多く、虫歯になったり、周辺の歯肉に強い炎症(智歯周囲炎)を引き起こし、腫れあがる場合も多いです。

また、このような場合(抜歯しないと)長期(何十年間でも)にわたり手前の歯を前方に押し続け、前歯の歯並び(特に下顎の前歯)を少しずつ乱し続け、乱杭歯にしていきます。

 

「斜めや横に倒れて生えて(萌出して)いる親知らず」の治療について

虫歯の治療で詰めたり被せたりできない場合も多く、また歯肉の炎症も(十分なブラッシングや歯石除去ができず)再発や進行を抑えることができない場合も多く、誠に残念ながら、根本的に親知らずを治すには、抜歯をしないと解決しないことが多いです。

下顎の親知らずは

咽頭部(のど元)に近く、また筋肉(開口、閉口筋)もすぐ真横にあるため(個々の状況により異なりますが)抜歯の直後には炎症が周辺の組織に広範囲に広がりやすく、抜歯後の2~3日間は、口が開きにくくなったり、頬や顎の下まで腫れたり、つばなどを飲み込んだ時にのどに痛みを感じたりすることも多いです。

あまりに斜めや横に倒れて萌出していたり、完全に歯肉や骨に埋まっている下顎の親知らずの抜歯後には、特に安静にするなどの配慮をしたほうがよいでしょう。

上顎の親知らずは、下顎の親知らずと異なり、抜歯後の症状があまり出ない場合が多いです。

抜歯後の症状(”腫れたり、強い痛みを感じたり、口が開きにくい”症状)は、上顎の親知らずでは多くの場合(状況にもよりますが)あまり出ないでしょう。

なぜなら多くの場合、上顎の親知らずの周辺は筋肉(開口、閉口筋)から離れていて、咽頭部(のど元)からも距離があるからです。

ただし、上顎の親知らずでも、かなり深く骨の中に埋まっている場合などでは、術後の症状(腫れや痛み、開口障害)が出ることもあります。

サハシ歯科では、基本的には、斜めに生えたり骨の中に埋まっている親知らずの抜歯も行っていますが、あまりに深く骨の中に埋まっている親知らずなどは、入院施設のある病院の歯科口腔外科に、紹介し抜歯を依頼しています。

(病院では患者さんに入院して頂き、親知らずの抜歯を行う場合もあります)

以下のイラストは、下顎の親知らずが、斜めに生えたり骨の中に埋まっている場合の例です。

親知らず

「歯科小手術の臨床」(歯界展望別冊1983)内の「埋伏歯の臨床」(山根源之著)より、改変し引用

▲抜歯、口腔外科へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーTOPへ

健全歯でも、破折するのですか?

スポーツ時や交通事故による外傷でもなく、虫歯でもなく、歯周病でもなく、また以前に一度も治療したことがない健全歯つまり完全な天然歯が突然破折する人が時々います。

多くの場合このように破折する歯は、一番奥の歯である大臼歯が多いです。歯の破折した状況はさまざまですが、歯根の部分まで完全に真二つに歯が割れて破折することもかなり多く、このような場合はいきなり抜歯以外に原則としては治療法がないので、当の破折した本人は精神的にもかなりのショックを受けることになります。

このようなことは、以下のような方に生じる場合がかなり多いです。

1、おおむね50歳以上の男性で比較的ガッチリした体格

2、今までに重度の虫歯や重度の歯周病に罹患することもなく歯並び、歯の咬み合わせもおおむね良く、喪失した歯はほとんどないかまたは皆無の状況

3、食べ物を咬めることに自信があり、むしろそれを周りの人々に誇示している

4、日常の食生活で、アメ、うめぼしのタネ、カニの殻など本来咬むのには不適切な極端に硬いものをあえて咬み砕くことが習慣化し、自慢となっていることが多い

以上の1、2、3、4のすべてを併せ持つ方に歯牙破折が、非常に多いです。

なぜこのような方に歯牙破折が多いかというと

人の歯は、たとえ健全歯(外傷、虫歯、歯周病でなくて、以前に治療されていない天然歯)でも年齢が増すにしたがい、どんどんと複数の亀裂(ひび)が生じその亀裂も年齢とともに深くなっていくのが通常です。年齢が増したにもかかわらず、硬いものが咬める人々は若いときと同じようにかなり硬いものまで食べようとするので歯牙破折が起きやすく、特に比較的ガッチリした体格の男性は、上下顎の骨格も歯も大きく、日常生活でかなりの強い力で咬むのが当たり前になっているので(これ以外の人々に比べて)歯牙破折が起きやすいといえるでしょう。

対策としては、、極端に硬いもの(アメ、硬い骨、うめぼしのタネ、カニの殻など)は絶対に咬まないようにするのがよいでしょう。

なお、すでに喪失した歯があって義歯(入れ歯)などを装着していたり、虫歯治療で冠などをすでに被せてある歯が複数あったり、歯周病がかなり進んでいたりすると、かなり咬みにくい状態になるので、おのずと硬いものを控えめにしていくことが多く、歯牙破折は起きにくくなるのです。

名古屋市天白区のサハシ歯科では、口腔外科も行い、これらの歯の破折にも対応しています。

▲抜歯、口腔外科へのよくある質問TOPへ 

 ▲よくある質問コーナーTOPへ

口の中の癌などは、早期に自己発見が可能か?

口腔内の癌は、口の中は鏡で見ることができるので、早期に患者さん自身により自己発見が可能です。

言うまでもなく、もし仮に癌が発病していても、初期での対応であるほど、手術部位も広範囲にならず、転移している可能性も少なく、手術後の経過も順調でしょう。

しかし口腔内以外の身体の他の部位のほとんどの癌の場合、Xray造影や身体の内部へのカメラなどを使用して、初めて発見できるのですが、口腔内の癌だけは、検査機器に頼らなくても、口腔内は直接見ることができるので早期発見はどなたでも気をつけていれば可能なのです。

癌などが疑われる口腔内の舌、粘膜、歯肉、口唇の症状は以下のとおりです。

  1. 本来の赤い色でなくて、白濁、変色、シミ状になっている
  2. 傷口や潰瘍がなかなか治らない。
  3. コブ状のシコリ、腫脹(腫れ)、水泡などを認める。
  4. 上記の1,2、3の状態がおおよそ1週間の間に治らずに、むしろ1週間で悪化した。

これらの状態を鏡で見て発見したら、直ちに歯科医院で受診したほうがよいでしょう。

また、これらの症状があるときは、癌の場合もありますが、その他の病気(カンジダ症、白血病、手足口病、薬物アレルギー、エイズなど)の場合もあります。もちろん虫歯や歯周病の場合もあります。

日頃からご自分の口腔内を注意して見ていて、何か異常な状況を発見したら、直ちに歯科医院を受診することをお薦めします。

もちろん定期的に歯科医院を受診されるのが最も良いでしょう。

名古屋市天白区のサハシ歯科は、口腔外科診療も行い、これらの症状、病状にも対応しています。

 

▲抜歯、口腔外科へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーTOPへ

抜歯後の注意事項は?

歯を抜いた後には、次のことを守るとよいでしょう。

migi 抜歯の当日はお口をあまり強くゆすがない  
migi 出血が気になる場合はガーゼで傷口を圧迫する

migi 抜歯当日の夜は頭部周辺にタオルを敷いておく

migi 抜歯後に麻酔が効いた状態が約2~3時間程度続くことも多いので注意

migi 抜歯後2日目からは、うがい・歯磨きなどをしっかり

migi 抜歯当日の食事は刺激のないもの、やわらかいもの

migi 抜歯当日は激しい運動・入浴・飲酒はやめる

migi 内服薬は必ず指示通りに(毎食後などに)服用

 

  1. 20130630.jpg抜歯当日は、お口をあまり強くゆすぐことは、控えるとよいでしょう。お口をあまり強くゆすぐと、固まりかけた血餅(かさぷだのようなもの)が、はがれ落ちやすくなります。
  2. 抜歯当日、出血が気になるときは、清潔なガーゼなどを、抜歯した部分に咬んで(20分程度)傷口  を圧迫するとよいでしょう。20分間程度咬んでも出血が、まだ気になる場合には、新しいガーゼ に交換して咬むとよいでしょう。なお、その際にティシュペーパーや綿花などは(その一部が傷口に入り込み残存してしまい、そのため傷口の回復がかなり遅れる場合もあるので)使用しないほうがよいでしょう
  3. 抜歯当日の就寝時は、口からの出血で枕や布団を汚す可能性もあるので、頭部周辺にタオルなどを敷いておくとよいでしょう
  4. 抜歯後に麻酔が効いた状態が約2~3時間程度続くことも多いので(特に子供さんの場合)麻酔が切れるまでに誤ってロ唇及び舌などをかまない様に注意するとよいでしょう。歯や身体の状況などによって、かなり異なりますが 多くの場合、麻酔がきれますと、その直後から痛みはありますが、腫れる場合には翌朝より腫れてくることが多いです。
  5. 抜歯の当日も食事は抜かずに、(たとえ少量でも)できるかぎり摂取したほうがよいでしょう。ただし、なるべく刺激のあるものをさけ、軟らかめのものを反対側で食べるようにするとよいでしょう。  ちなみに食後に服用の内服薬(抗生物質など)は、たとえ一口食べただけでも、(薬には)食後ということになります。
  6. 抜歯後2日目からは、うがい・歯磨きなどをしっかり行い、口の中をできるだけ清潔にするよう心がけるとよいでしょう。
  7. 抜歯当日は激しい運動・入浴・飲酒はやめて早めに休み、十分睡眠をとり休養するとよいでしょう。
  8. 内服薬は必ず指示通りに(毎食後などに)服用しましょう。ただし痛み止めの薬は、痛い時のみの服用でもかまいません。なお、皮膚に発疹、かゆみなどの身体に何か異常が出るようでしたら、ただちに薬の服用を中止し、歯科医までご連絡下さい。

  その他、心配や不安があるようでしたら、まず歯科医に相談してみるとよいでしょう。

名古屋市天白区のサハシ歯科は口腔外科も行い、抜歯後の対応も的確にするよう心がけています。

この記事をご覧の方は、はみがき方法の記事もご覧いただいております。>>

▲抜歯、口腔外科へのよくある質問TOPへ

 ▲よくある質問コーナーTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ