名古屋市天白区の歯医者、痛みの少ない虫歯・歯周病治療、こだわりの入れ歯治療、お得なホワイトニング

〒468-0025 名古屋市天白区高坂町75-2
地下鉄(桜通線)相生山駅・神沢駅から車で約3分、徒歩約12分

診療時間
10:00~12:00 × × ×
15:00~19:00 × × ×

△:土曜 午前10:00~12:00/午後15:00~17:00

ご予約・お問合せはこちら

052-801-0002

全身疾患と口腔との関連について

歯科疾患と全身的な病気との関係は、密接な関係があります。

特に糖尿病と歯周病は互いの病気の進行に相互に関連がかなりあります。

骨粗しょう症で治療中の方は顎の骨に特に影響が現れやすく歯科治療上配慮が必要でしょう。

皮膚病や金属アレルギーの原因が口の中の病巣にあることもめずらしくありません。

これらについて、詳しくは”糖尿病は歯周病・・・”、"骨粗しょう症で・・・”、”皮ふ病の原因として・・・の記事を参照ください)

なお「愛知県歯科医師会のホームぺージの中の記事」にも”口の中の状態が全身に及ぼす影響”が記載されていますので、ご参照ください。

また、最近手術が必要な”ガン”などの患者さんでは、手術前後の口腔内の管理(歯石除去、歯磨き、虫歯治療など)の有無が手術の成功、不成功を、大きく左右するほどの影響があることが判明してきました。

つまり、口腔内が管理されておらず(歯石除去、歯磨きなどがあまりされておらず)、多量の細菌類が口腔内に存在したままの状態下での、頭、耳鼻咽喉、気管支、肺周辺部などの口腔周辺の手術の場合は、手術時に直接手術部へ多量の細菌類が進入することになり、重度の感染症などを併発する可能性がきわめて高くなり、大きく手術の成否を左右してしまいます。 

また、手術部位が口腔より離れている場合でも、食物に混じって多量の細菌類が移動し、胃腸から体内に吸収される一方で、口腔内からも直接毛細血管を通じて細菌類が体内に多量に侵入し、その結果血液などを通じて全身中で多量の細菌類が繁殖し、手術後の感染症が、より併発しやすくなります。 

そのため、最近、このような「ガンなどの手術の前後の口腔管理を目的とする」病院と歯科医院との連携が、さかんに日本の各地でされています。

現在、当院では、名古屋第二赤十字病院藤田保健衛生大学病院名古屋市立大学病院名古屋記念病院とも連携しています。

この口腔管理は、”周術期口腔機能管理”という名目で、医療保険でも認められています。

誤嚥性肺炎は、要介護者にとって特に注意が必要です

誤嚥性肺炎とは、食事の際に、本来食道から胃へ行くべき食物が、誤って気管支を通り肺の中に入ってしまった(誤嚥)ために起きる肺炎です。

食物とともに”口腔内の細菌”も誤嚥されて肺の中に行き、その細菌が肺の中で繁殖し肺炎を起こすことが最近(DNA鑑定により)証明されています。

要介護者に限定すると、直接的な死因の50%以上が、誤嚥性肺炎と(肺炎に関連して生じた)感染症で亡くなっています。

要介護者に特に誤嚥性肺炎が起きやすい主な要因

  • 1
    脳卒中の後遺症として口腔やノドの感覚と運動の麻痺が生じ、嚥下がスム-スにできにくくなり誤嚥性肺炎が起こります。
  • 2
    認知症により、一度に多すぎる食物を口に詰め込み過ぎ、なかなか飲み込もうとしないようになって、嚥下がスム-スにできなくなり誤嚥性肺炎が起こります。
  • 3
    高齢による衰弱により、嚥下機能の低下が原因で、誤嚥性肺炎が起こります。
  • 4
    パーキンソン病などの関節疾患や進行性の神経疾患などにより、顎関節や筋肉(咀嚼筋)が正常に動かないために、嚥下がうまくできず、そのために誤嚥性肺炎が起こります。

つまり摂食(食事)の際に、嚥下(食物の飲み込み)がうまくできないことが、誤嚥性肺炎の原因であると言えます。

最近では介護保険でも”口腔機能向上メニュー”が”導入され、誤嚥性肺炎を防ごうという状況です。

誤嚥性肺炎の予防法としての”摂食、嚥下機能訓練”

  • 1
    間接訓練

食べ物を使用しない状況で(肩、首、後頚部、口の周囲、舌などの)口腔周囲の筋肉をいろいろと動かしたり、”発音”、”咳”、”唾液の飲み込み”などをして訓練を行います。

  • 2
    直接訓練

毎日の日常の飲食そのものが、直接訓練になります。

しっかりと、よく咬み、おいしく味わいながら食べることが、最もよい訓練になります。

食事の時の姿勢や”飲み込みやすい食材”などの指導も必要です。

サハシ歯科では、誤嚥性肺炎にも適切な対応ができるよう日々研鑽しています。

歯が原因で鼻の奥に膿が溜まり、蓄膿症(上顎洞炎)になることがあります

歯や歯肉には何も異常がないのに、走ったりジャンプしたりすると振動で上の奥歯が痛みむことがあります。このような場合、上顎洞炎という副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)が原因のことも時々あるのです。

  • 1
    鼻と奥歯の関係

鼻の周りには鼻腔と通じている上顎洞(鼻の両脇)、前頭洞(おでこ)、篩骨洞、蝶形骨洞の4つの空洞があります。この空洞を副鼻腔と呼び、そこの慢性的な炎症を慢性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)と言います。

上顎洞は上の奥歯のすぐ上にあり、その奥歯の歯根の先が上顎洞に突き出して入っている事も多いです。(特に上顎の第一大臼歯に多いです)

  • 2
    上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)と虫歯、歯周病との関連性

上顎の奥歯に虫歯や歯周病によって炎症が起き、その結果として歯根部周辺に膿が溜まり、その膿がさらに上顎洞の中にまで広がって、上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)になってしまうことがあるのです。

つまり歯が原因で上顎洞に炎症が起きるのです。

上顎洞炎のうちで、歯が原因するものは全体の10~30%を占めています。

このような場合では、耳鼻科での治療と併せて、原因する虫歯や歯周病の治療が必要となりますが、症状が改善できない時は、残念ながら抜歯となります

  • 3
    上顎の奥歯を抜歯後に上顎洞からの穴が口腔内に開いた状態が生じた場合の経過と対応

歯根の先が上顎洞に突き出して入っている状態の上顎の奥歯の抜歯を行うと、上顎洞からの穴が口腔内に開いた状態になります。その時には穴から上顎洞の中を何度か洗浄を行いますが、抜歯後の穴が小さい場合は自然に塞がります。

しかし抜歯後上顎洞からの穴が大きい場合は、いつまで経っても自然に塞がらず、飲み物を飲んだ時に鼻から流れてきてしまいますので、穴を塞ぐ手術が必要になることもあります。

  • 4
    一般的な上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)の症状としては

上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)の慢性期の症状としては鼻がつまる、鼻水が喉の方に流れやすい、黄色い粘り気のある鼻水が出るなどですが、通常鼻が原因の場合は両側の鼻に症状が現れますが、歯が原因で起きた上顎洞炎では、原因となっている歯がある側だけの症状のことが多いです。

なお急性期の症状としては、歯の痛み、頬の痛み、臭いのある鼻水が出たりするなどの症状があります。

サハシ歯科では、このようなことにも、適切な対応ができるよう、日々研鑽しています。

骨粗しょう症の薬が、歯科治療に及ぼす影響について

骨粗しょう症治療において、その使用が一般的なビスフォスフォネート系薬剤を服用している方は、歯科治療上いろいろな注意や配慮、対策などが必要です。

骨粗しょう症に罹患しやすい人

粗しょう症の患者さんは、50歳以上の女性とステロイド療法を受けている方が圧倒的に多数を占めます。

(50歳以上の女性では、閉経後の時期となり以前よりも女性ホルモンの分泌が減少してきて、その影響で骨粗しょう症も発症しやすくなると言われています。)

歯科治療上の問題点としては

  • 1
    抜歯、インプラント治療などによる顎骨に対する外科的処置の際に、ビスフォスフォネート系薬剤を服用していると、細菌感染による顎骨壊死を起こす場合があります。
  • 2
    ビスフォスフォネート系薬剤による顎骨壊死を起こす発現頻度(ただし3年以下の服用者)

ビスフォスフォネート系薬剤を経口投与(飲み薬)の人   0.01~0.02% (推定)

ビスフォスフォネート系薬剤を注射、点滴で投与を受けている人   1~2% (推定)

数値は日本の顎骨壊死検討委員会(日本骨粗鬆学会、日本口腔外科学会、日本歯科放射線学会その他学会の合同検討委員会)による公表データーです。

上記の数値から、ビスフォスフォネート系薬剤を飲み薬として服用している人の中で3年以下の服用者では顎骨壊死を起こすようなことは”稀”なケースと言えますが、その可能性はあります。

ただし、ビスフォスフォネート系薬剤を3年以上服用を続けている場合は、明らかに顎骨壊死の発現率は高くなりますので、3年以上服用を続けている場合は歯科治療をする上で相当の配慮が必要となってきます。

  • 3
    患者さんの生活習慣や日常生活の状況などによっても、かなり顎骨壊死の発現頻度は異なってきます。

顎骨壊死を起こす起こしやすい状況

1.口腔内の清掃状態が不良などで、口腔内が不潔な状態の場合

2.生活習慣として喫煙、飲酒がある場合

3.糖尿病、癌に罹患していたり、腎臓透析、薬物療法、化学療法を受けている場合

4.肥満

以上が顎骨壊死を起こしやすい状況と言えますが、

特にその中でも①の口腔内が不潔な状態な場合では、顎骨壊死を起こしやすい状況が誘発されやすいと言われています。

 

お、骨粗しょう症の方が、(外科的処置は、できるだけ避けるべきですが)やむなく抜歯、インプラント治療などによる顎骨に対する外科的処置をせざるえない時には、ビスフォスフォネート系薬剤の使用を中止(休薬)することを(投薬している)主治医の先生にお願いすることもありますが、

もしも使用を中止(休薬)の場合でも、ビスフォスフォネート系薬剤は分解されにくく、体内からなかなか排泄されにくいために、少なくとも3ヶ月以上薬の服用の中止の後に外科的処置をすることになります。

このようにビスフォスフォネート系薬剤の中止(休薬)をしようとすると、かなり長期間にわたることになるので、服用の中止(休薬)はなかなか実施にふみきれない場合が多いでしょう。

  • 4
    骨粗しょう症の方が顎骨壊死を予防するために、最も有効で効果的な対策

骨粗しょう症の方は、たとえ特に口腔内に異変がなくても、日常生活において歯科医院に定期的に通院し、口腔内の清掃法の指導を受けたり、歯石除去などの治療を継続し、常時できるだけ口腔内を清潔に保つことが顎骨壊死に対する最大の予防法であり、極めて重要なことです

  • 5
    歯科治療でよく撮影するパノラマレントゲン写真(口の中全体が写るレントゲン写真)によっても、”骨粗しょう症の疑い”があることを推測することも可能です。

もし、歯科治療時にパノラマレントゲン写真を撮影し、”骨粗しょう症の疑い”が推測される場合(ご希望があれば)内科医、整形外科医などにご紹介することも、行っています。(もちろん、まだ骨粗しょう症の治療を受けてない方に限りますが)

サハシ歯科では、口腔外科診療も行い、骨粗しょう症の方の治療も上記のようなことに十分配慮の上で、実施しています。

ガンの手術の成否に、歯科治療の有無が大きく影響

口腔が関連する領域(頭頚部、胸部、食道)のガンの手術では、ガンの手術の前と後に口腔内を歯石除去およびブラッシング指導(フロスや歯間ブラシなども併用)を行って口腔内において清潔な状態を維持、管理しているか否かが、手術後の結果の成否にかなり大きく影響があることが、ガン治療の医療関係者の間では、最近徐々に認識され始めています。

本来、口腔内は体内で細菌類が最も多く繁殖もしやすく、細菌などが原因の感染症が容易に発生しやすい部位なのです。ですから手術部位が口腔が関連する領域(頭頚部、胸部、食道)の場合では、手術の前後に”口腔内の細菌類がどれほど減少でき、どの程度清潔な状態が保たれているどうか”が、手術の結果の成否に大きく影響するのです。

今後は、頭頚部、胸部、食道などの口腔関連領域のガン手術の前と後には、「歯石除去とブラッシング指導を行う必要がある」という考えになっていくようです。

なお、人工呼吸器使用に伴う肺炎でも、歯石除去とブラッシング指導が肺炎の予防にとって、かなり有効なことがわかってきました。

口腔内が”細菌のより少ない、より清潔な状態”に保たれることにより、肺炎の原因菌を減少させ、その結果肺炎の発症を減少させ、また発症時期も遅らせることができるということです。

現在、サハシ歯科では、ガン治療の医療機関から口腔管理の依頼(ガン治療に伴う周術期口腔管理の依頼)にも対応させていただいています。

レントゲン撮影による被曝線量について

人体への放射線被爆の影響の度合いを表す単位として”シーベルト”(Sv)という単位が使われています。

この”シーベルト”で表現すると

歯科治療時にレントゲン撮影するとき被爆する放射線量は

お口の中全体のレントゲン撮影 0.04mSv(ミリシーベルト)

お口の中の部分的レントゲン撮影 0.02mSv(ミリシーベルト)

ちなみに

集団検診時によく撮影される胸部レントゲン撮影 0.05mSv(ミリシーベルト)

集団検診時バリウム服用し撮影される胃レントゲン撮影 0.06mSv(ミリシーベルト)

頭部(頭蓋骨の)レントゲンCT撮影 2.0mSv(ミリシーベルト)

胸部レントゲンCT撮影 6.9mSv(ミリシーベルト)

日常生活で受ける年間放射線被爆量(世界平均) 2.4mSv(ミリシーベルト)

日常生活で受ける年間放射線被爆量(日本平均) 1.5mSv(ミリシーベルト)

航空機搭乗(東京~ニュウヨーク往復)     0.2mSv(ミリシーベルト)

年間に受ける放射線被爆量が100mSv(ミリシーベルト)以下であれば、010_35.jpg癌の過剰発生はみられないと言われています。

また、身体の中で最も放射線の感受性が高く、最も細心の注意が必要な細胞は、幼若な細胞、つまり生殖細胞や(妊娠中の母親の胎内にいる)胎児の細胞です。

(上記の数値は、すべて名古屋市歯科医師会の資料から転載)

歯科のレントゲン撮影は身体の各部位のレントゲン撮影の中でも、最も少ない被爆線量で撮影されています。

さらに歯科でのレントゲン撮影では、肩から下方の部位は”鉛入り”の放射線防護エプロンを身体に掛けますので、、被爆するのは首から上の部分だけで、最も放射線に感受性の高い生殖細胞や胎児の細胞は放射線被曝から防護することが可能であり、安全に行うことができます。

ですから歯科のレントゲン撮影は、放射線による人体への悪影響はまず皆無と考えてよいでしょう。

しかし、たとえそうであっても、当然のことですがサハシ歯科では、レントゲン撮影は必要最小限にするように日々心がけています。 

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前10:00~12:00/午後15:00~19:00
※土曜は17:00まで
休診日:木曜日、日曜日、祝日

ご予約はこちら

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

052-801-0002

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~12:00
午後:15:00~19:00
△:土曜は17:00まで
休診日:木曜日、日曜日、祝日

アクセス

052-801-0002

〒468-0025

名古屋市天白区高坂町75-2
相生山駅と神沢駅から、ともに車で約3分、徒歩約12分