名古屋市天白区のサハシ歯科(緑区に隣接)は、歯周病治療、虫歯予防、口腔外科に 熱意を持って取り組んでます
ブログ

予防法へのよくある質問

本当に”キシリトール入りガム”は虫歯予防に有効なのですか?

キシリトールとは

厚生省にも認可されている安全な天然の甘味料です。

多くの野菜や果実に含まれているキシロースから合成されます。砂糖と同じくらいの甘さがあるのですが、カロリーは砂糖の3/4です。世界38カ国以上の国々で、食品や医薬品への使用が認められていて、(インシュリンに影響を与えない為)糖尿病患者向けの医療品にも含まれています。

”キシリトールガム”は虫歯予防に有効です。

その根拠は以下のとおりです。

1、キシリトールは虫歯菌の栄養源(エサ)にならない

虫歯が発生、進行していく過程は、”虫歯菌が砂糖などに含まれる糖分を栄養源(エサ)にして酸を発生し、歯をどんどん溶かしていく”状況なのです。

キシリトールは摂取しても、他の砂糖などの糖分と違って虫歯菌の栄養源になりません。

従って、砂糖でなく、キシリトールで摂取した場合は、虫歯菌の活動を押さえることがかなり出来ます。

2、ガムを咬むことにより、より多く分泌される唾液が、歯の再石灰化を促進する

虫歯の初期の段階では、虫歯菌の脱灰スピードに、歯の再石灰化スピードが追いつかなくなると発生します。したがって、歯の再石灰化が安定して行われていれば、虫歯になりにくくなります。一説では、キシリトールは歯の再石灰化を促進すると言われていますが、キシリトール自体の再石灰化機能はまだ証明されていません。しかし、ガムを食べることにより唾液を多く分泌します。そして、この唾液には歯の再石灰化を促進する機能があるため間接的に歯が虫歯から守られるのです。

キシリトールガムの”より効果的な”使用方法

ガムを咬んでいる時、口の中が唾液で一杯になっても、すぐには唾液を飲み込まず、出来るだけ溜まった唾液を口腔内全体にクチュクチュと行き渡らせると効果的です。

また、味がなくなった後も510分間咬むと、さらに効果的でしょう。

キシリトール製品を選ぶ基準

その製品に使用されている甘味料の50%以上がキシリトールであること。

キシリトール以外の甘味料(マルチトール・ソルビトール・マンニトール)も虫歯の原因にならないものであること。

これらを基準に選ぶとよいでしょう。

当然のことですがキシリトールを摂取すれば、それだけで虫歯を防げるわけでは決してありません。

むしろ”間食の摂取の方法”、ブラッシング方法やフッ素塗布などの方が、虫歯の発生や予防により大きく影響します。 

名古屋市天白区のサハシ歯科では、これらについての指導や助言も積極的に行っています。

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

定期検診(受診)の間隔、頻度はどの程度がよいでしょうか?

定期検診(受診、健診)の間隔、頻度は、人によってそれぞれ異なります。

どんなに状況がよい人でも、年に一度は定期検診(受診)を受けたほうがよいでしょう。

1、乳幼児は年に2回以上(6ヶ月以内に一度以上)は受診し、フッ素塗布なども同時に行うとよいでしょう。

2、歯の交換期(乳歯から永久歯への交換期)のお子さんは、歯の状態の変化が著しいので年に3回以上(4ヶ月以内に一度以上)がよいでしょう。

3、歯周病に罹患していたり、虫歯になりやすい傾向のある人では、おおむね年に2回以上(6ヶ月に一度以上)がよいでしょう。

4、特に重度の歯周病の人は、定期検診(受診)を頻繁に行った方がよいです。

重度の歯周病の人は、年に3~4回以上(3~4ヶ月以内に一度以上)歯磨き方法の確認や歯石除去などを頻繁に行ったほうがよいでしょう。

1)歯周病は重度になるほど、どんどんと歯根が露出し、歯肉が退縮し、歯周ポケットは深くなっていき、患者さん自身の努力だけでは、歯と歯肉の隅々でどんどん磨けない場所が増えていきます。

歯磨きでは、磨けない場所を、歯石除去やPMTCなどで清潔することは、歯周病の進行を食い止めるのにきわめて有効です。

なお「サハシ歯科での歯石除去の方法」、「保険診療での歯周治療時に無料でPMTC実施」のページも、よかったら参照してみてください。

2)歯周病は、全身の影響も受けますが、あくまでも直接的には歯周病菌によって引き起こされる病気です。

最近の研究によれば、歯石除去後3~4ヶ月以上経過してくると、”歯周ポケット”内が、きわめて不潔な環境になってきて、歯周病菌が猛烈に増え始めます。ですから重度の歯周病の人は、3~4ヶ月に一度はできる限り歯周ポケット内の歯石などを除去した方がよいのです。

2)重度の歯周病の人が定期検診(受診)毎に、ブラッシング指導を受けるのも、大変効果があります。

歯周病が重度になるほど、口腔内の隅々が非常に清掃しにくくなりますので、磨き方のテクニック(コツ)が必要になります。

しかし、この歯磨きのテクニックは、歯科医院での実際に歯ブラシなどを手に持っての指導を繰り返し何度も受けないと、なかなか習得が難しいと思われます。

また、たとえある時期に完璧に100%磨きができていたとしても、いつの間にか、自己流の磨き方になってしまうことは、どなたにでも起きることと考えたほうがよいでしょう。

そのため、定期検診時などに、歯科医院での歯磨き方法の確認を受けるとよいでしょう。

3)歯周病は、よほど重度になり歯を抜かざるえないほど悪化してから、初めて明らかな自覚症状が出ます。でもその時点では歯を抜かざるえない場合が多いのです。

通常はあまり自覚症状がなく、かなり進行していても、せいぜい歯肉からの出血や歯の動揺が気になる程度であり、患者さん自身では、歯周病の状況をいつも正確に把握することは、かなり困難でしょう。

定期的に受診することは歯周病の悪化を食い止めるための確かな手段であり、これなくして重度の歯周病から歯を守る方法はありえないと言ってよいでしょう。

定期検診が歯周病の予防に効果的のページも参照してください。

名古屋市天白区のサハシ歯科では定期検診(受診)を積極的に実施しています。

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

口臭が気になるのですが、どのように対応すればよいでしょうか?

気になる口臭

口臭の原因

胃、気管支、肺、咽頭部周辺などに疾患などがある場合は、そのことが口臭の原因になる場合もありますが、それ以外のほとんどは口腔内に原因があると考えてよいでしょう。

口腔内での口臭の原因は、多くが細菌等が産生する硫化水素などの臭いです。

口腔内の細菌等は、わずかな食物残渣(食べカス)などをエサに増えます。

歯の表面についている歯垢や舌の上の舌苔などは、成分のほとんどが細菌等の塊です。

歯垢や舌苔が多く付いているのは、歯磨き不足です。

また細菌等の中には、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を引き起こす原因菌も多く含まれています。

特に口臭が強烈に強い人の口腔内では、歯面全体に多量の歯垢が付着し、舌に多量の舌苔が付いていて、虫歯や歯周病が重度に広範囲に進行している場合が多いです。

なお重度の虫歯や歯周病そのものも口臭の原因になります。

 

011_091.jpg

口臭の種類

1、生理的口臭

(これは、主に朝起きた直後の起床時などに生じる口臭です)

口腔内は食物などの通り道なので、当然食物残渣(食べカス)などにより細菌類が増殖しやすいのですが、日中は唾液が絶えず分泌され続け食物残渣や細菌類はかなりの量が胃腸に流されていってしまうので、それほど口臭も気になるほどではないことが多いです。しかし、夜間の睡眠時では唾液はほとんど分泌されず、食物残渣は口腔内に長時間停滞し、その食物残渣などをエサに細菌等が爆発的に増殖することになるのです。

ただし日中でも空腹時や疲労時、緊張時には唾液の分泌が減少するので、口臭が強くなることがあります。

2、病的口臭

重度の虫歯や歯周病そのものも口臭の原因になります。虫歯や歯周病の治療を受けることは口臭予防の上からも大切なことでしょう。

3、心理的口臭

生理的な範囲での口臭(誰にでもあるレベルでの口臭)にもかかわらず、本人または(本人の周囲の)家族などが口臭を気にしすぎることもあります。それを心理的口臭と言います

しかし、心理的口臭かもしれないと思っても、一度歯科医院に受診し、診察を受け心理的口臭に過ぎないか否か確認したほうがよいでしょう。心理的口臭でない場合もあるのですから。

4、その他の口臭

胃、食道、咽頭部、気管支、肺周辺に病気(疾患)などがある場合は、それらの病巣から発生する臭いが口腔内に逆流し出てきて、口臭の原因となる場合があります。

また、硫化水素などの口臭の原因である臭いを発生させる原因物質が、何らかの要因(原因が不明のこともかなりあります)で絶えず口腔内に存在しつづけるために口臭がある場合もあります。

治療法

基本的に、多くの場合では正しい歯磨き方法などの清掃方法を習得し、虫歯や歯周病の治療をすれば、口臭で悩むことはなくなると言えるでしょう。

(ただし歯磨きも、それなりにトレーニングしないと歯垢などは隅々までなかなか落ちません詳しくは「歯磨き方法」のページを参照してください。)

もし、胃、食道、咽頭部、気管支、肺周辺に病気(疾患)などがある方の場合は、それらの治療などが口臭の防止につながることもあります。

口臭の治療は、場合によっては非常に綿密で慎重な対応が必要になってくる事もありますが、まずは当院での受診をお勧めします。受診された上で、さらに専門的な治療などが必要である場合は、大学病院の口臭外来(例えば愛知学院大学歯学部付属病院口臭治療科)などを紹介させていただいています。

 

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

歯間ブラシを使用して歯の隙間が広くなってしまいませんか?

1、歯間ブラシの使用の有無に関係なく、

 加齢や歯周病によって、歯間部には隙間が徐々に広がっていくのです。

加齢に伴い徐々にわずかづつ歯肉は退縮していきます。特に歯間部(歯と歯の間)の隙間は加齢と共に(たとえ歯周病でなくても)広がっていきます。

その歯間部は歯ブラシでは決して磨けない場所であり、フロスか歯間ブラシで磨かないと清掃できない場所なのです。

ですからおおよそ30代半ば以降の人は、歯間ブラシを使うと良いでしょう。

(若い年齢層の人はフロスを使うと良いです。)

なお、歯間ブラシとフロスの使い方など詳しいことは、歯の磨き方のページの

歯ブラシによる歯磨きだけでは不十分の記事を、ご参照ください。

 

加齢に加えて歯周病が進行するほど、歯周組織(歯の周りの歯肉や骨)の炎症により歯肉や骨が退縮し、その結果さらに歯と歯の隙間も広がっていきます。

ですから歯周病の患者さんは、歯間ブラシを使用することが必要であり、特に歯周病が重度に進行した患者さんにとって、歯間ブラシを使用は治療上必要不可欠であると言えます。

歯周病の患者さんが歯間ブラシを日常生活で毎日使用することが習慣化できれば、それだけでも確実に歯周病の状態は改善され、歯肉の状態は良くなっていきます。

 

2、歯間ブラシの使用によって、歯と歯の隙間が多少なりとも広がるように感じる理由

歯間ブラシの使用によって、歯周病による炎症(歯周組織炎)のため充血し腫れていた歯間部の歯肉が、(炎症が軽減し充血や腫れが治まってくると)徐々に、引き締まった健康な歯肉へ近づいていきますが、

その結果、歯肉が引き締まった分だけ歯間部(歯と歯の間)の隙間が、残念ながら(歯間ブラシ使用前よりも)多少なりとも広がったように感じます。

しかし、それは歯周病の症状が改善されてきている状態と言えます。

ですから歯間部が広がった感覚を気にせず、歯間ブラシを使い続けることを、おすすめします。

名古屋市天白区のサハシ歯科では、歯間ブラシの使用法についても、ご指導させていただいています。

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問TOPへ

フッ素を塗れば、虫歯にならなくなるのですか?

フッ素は、虫歯予防に非常に有効です。

しかし、フッ素をぬっても虫歯になることがあります

008_02.jpg

 

どういう事かというと、フッソ塗布により歯の表面の歯質が丈夫になり、虫歯菌に対して抵抗力が高くなるということです。

つまり、ハイドロキシアパタイトという歯の結晶構造が、フッ素塗布によりフッ化アパタイトに変わり(本来のOHイオンがフッ素イオンに交換されて)より安定した結晶構造になるから、虫歯になりにくくなるのです

したがって、フッ素塗布をしても食べ物、飲み物(特に甘いものや就寝前の飲食)に注意し、ブラッシングなども十分に気をつけていないと虫歯になることもあります

しかし、フッソ塗布をした場合の方が、塗布をしない場合よりはるかに虫歯になりにくいです。

特に乳児、小児などの歯の萌出時期(歯が生えた時期)から、あまり年月が経過していない歯面にはフッソは歯の結晶構造に非常に取り込まれやすく、虫歯予防に有効でしょう。

名古屋市天白区のサハシ歯科でも、虫歯予防のためにフッソ塗布を実施しています。

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

なぜ甘い飲み物や食べ物などに気をつけることが歯磨き以上に大切なのですか?

一般的に、虫歯、歯周病の予防には、(歯磨きも当然必要ですが)歯磨きよりも、砂糖入りの飲み物や食べ物の多量摂取を控えることの方がはるかに大きな効果があります。

(ただし一日に1個または1瓶程度の砂糖入りのものを日中に飲食する程度ならば、まったく大丈夫でしょう。また、砂糖入りのアメを絶えず舐める習慣 の人は虫歯が多発しやすいです。)

なお、歯磨きについては、歯磨きの方法のページをご覧ください。 

ところで日中は、絶えず口の中の唾液が胃腸のほうに流れ、唾液と共に虫歯菌、歯周病菌などもある程度胃腸の方へ流れていくと同時に、どんどん湧き出てくる唾液の成分の中に虫歯菌、歯周病菌の繁殖を抑える作用や成分が含まれていて、甘いものなどを摂取しても、(だらだらと多量に食べなければ)唾液のこれらの働きにより、ある程度虫歯予防、歯周病予防はできています。

004_21.jpg

しかし夜寝ている間は、口の中の唾液はあまり湧き出てこなくなり、唾液の胃腸への流れもほとんどなくなり、日中のような唾液による菌の繁殖を抑えるメカニズムが作用しなくなるので爆発的に虫歯菌、歯周病菌が増えて、寝ている間は極めて虫歯、歯周病が進行しやすい時間帯と言えます。

ちなみに朝起床時は、日中と比べると10倍以上の虫歯菌、歯周病菌がいて、誰にでも口臭があります。これを生理的口臭と呼びます。

つまり寝ている間に爆発的に虫歯菌、歯周病菌が繁殖するので 、夜寝る前と朝起床時のブラッシングが非常に重要ですが、どれだけ一生懸命に歯磨きをしても、隅の隅までは完璧になかなか磨ききれず、隅の方には多少なりとも(糖分を含む)食べかすなど残っている場合が多いです。

そのわずかな量の食べかすでも細菌には十分な量のエサになり、(唾液のあまり出ない、口の中が乾燥しやすい)寝ている間に、さらに一層爆発的に細菌が繁殖することになるのです。

夜寝ている間には水分が多量に体内から失われるので、寝る前の水分の補給は非常に大切なことですが、夜寝る前の水分補給には水かお茶がよいのです。

しかし夜寝る前に(甘い食べ物だけでなく)牛乳や乳酸菌飲料、砂糖の入った飲料を摂取する習慣のある方は、短期間で虫歯や歯周病(歯槽膿漏)が急速に進行しやすいのです。

ちなみに牛乳や乳酸菌飲料は、それ自体が糖分を含んでいるだけでなく、粘着力があるため他の飲食物も歯の表面に付着させてしまう作用があり、(唾液の流れの停滞する)夜間においては、口腔内でより多くの細菌を繁殖させる要因となっているのです。

名古屋市天白区のサハシ歯科ではこのような指導も行っています。 

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

虫歯は治療しなくても治ることがありますか?

肉眼で見て歯に穴があく程度以上に虫歯が進行した場合は、虫歯治療を受けなければ、100%必ず進行していき、決して元の健康な歯に戻ることはありません。

しかし、ごく初期の虫歯であれば、対策をすれば元の健康な歯に戻すことも可能なのです。

ごく初期の虫歯とは、歯の表面が白濁した程度または(歯のかみ合わせの部分の)溝の表面が黒くなった程度で、まだ歯に穴があいていない程度のものです。

このごく初期の虫歯の時期、食の摂取の仕方や食生活に気をつけ、トレーニングされた正しい磨き方(エチケットレベルの歯磨きでなく、虫歯予防が可能なレベルの磨き方)をしていれば、元の健康な歯(健全歯)に戻すことも可能であることが最近わかってきました。

なぜごく初期の虫歯であれば、健康な歯に戻すことも可能かというと、口の中にある唾液に含まれるカルシウムが、虫歯菌によって溶かされた(脱灰された)歯質を修復(再石灰化)してくれるので健全に戻すことも可能なのです。

ただしこの初期の虫歯を健全歯に戻すには、虫歯は虫歯菌により引き起こされ進行するので、虫歯菌を口腔内で繁殖させないための対策が必要不可欠です。

 

初期の虫歯を健全歯に戻すには有効な対策は

1、間食の摂取の仕方や食生活に気をつける。

(詳しくは「なぜ甘い飲み物や食べ物に気をつけることが歯磨き以上に大切なのですか?」の記事を参照してください。)

2、歯磨きの方法に気をつける

(詳しくは「歯磨きの方法」の記事を参照してください)

 以上のことが100%達成できれば、ごく初期の虫歯は、再び健全歯に戻ります。

 

 ▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

歯磨で歯肉が下がったり、冷たいものにしみるようになることがあるのはなぜですか?

歯肉は身体の組織の中でも特に非常に傷つきやすくデリケートな組織です。

そのため、ご自分では傷つくような過大な力を加えて歯磨きをしていないつもりでも、歯や歯肉にとっては過大な力となっていて、歯や歯肉が傷ついていることもたいへん多く、そのために歯肉が退縮したり、歯が冷たいものなどにしみてくることがあるのです。

例えば腕力のあまりない”か弱い女性”でさえも”何気なく入る力”の半分以下の力で意識して歯を磨き、ブラシの振りも振動させる程度に小さくとどめないと、歯や歯肉にとっては過大な力となり、歯と歯肉は傷ついていきます。

まして元気あふれる男性では、かなり意識して”何気なく歯を磨く力”の2~3割程度の力にして歯を磨かないと、過大すぎる力となり歯と歯肉は傷ついていきます。

歯肉が傷つくと歯肉は少しずつ退縮していきます。

またその結果歯の歯根部が露出してきます。さらに、その後露出した歯根部が”過大すぎる力”による歯磨き方法などにより傷つき、歯根部が磨り減ってくると、歯根部の知覚過敏つまり”歯がしみる”という症状が生じてくるのです。

なお、ほとんどのハミガキ剤には研磨剤の成分が含まれていて、その研磨剤成分も歯と歯肉は傷つける原因となり、その状態をさらに悪化させていることもよくあることです。

(歯磨き剤の一回あたりの使用量は、ほんのわずかの量で十分なのです)

歯と歯肉を傷つけない歯磨き方法を行うには、テクニック(言わば”コツ”)があります。

一般的な歯磨きの方法は「具体的な歯の磨き方」に書いてありますが、

しかし効果的な歯磨きのテクニック(言わば”コツ”)は、文章や図で正しくお伝えすることは非常に難しく、私どものところへご来院いただき、目の前で実際に歯ブラシを使いながら、ご指導させていただくのがよいと考えます。

よろしければぜひ名古屋市天白区のサハシ歯科へご来院ください。お待ちしてます。

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ