気になる口臭

口臭の原因

胃、気管支、肺、咽頭部周辺などに疾患などがある場合は、そのことが口臭の原因になる場合もありますが、それ以外のほとんどは口腔内に原因があると考えてよいでしょう。

口腔内での口臭の原因は、多くが細菌等が産生する硫化水素などの臭いです。

口腔内の細菌等は、わずかな食物残渣(食べカス)などをエサに増えます。

歯の表面についている歯垢や舌の上の舌苔などは、成分のほとんどが細菌等の塊です。

歯垢や舌苔が多く付いているのは、歯磨き不足です。

また細菌等の中には、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を引き起こす原因菌も多く含まれています。

特に口臭が強烈に強い人の口腔内では、歯面全体に多量の歯垢が付着し、舌に多量の舌苔が付いていて、虫歯や歯周病が重度に広範囲に進行している場合が多いです。

なお重度の虫歯や歯周病そのものも口臭の原因になります。

 

011_091.jpg

口臭の種類

1、生理的口臭

(これは、主に朝起きた直後の起床時などに生じる口臭です)

口腔内は食物などの通り道なので、当然食物残渣(食べカス)などにより細菌類が増殖しやすいのですが、日中は唾液が絶えず分泌され続け食物残渣や細菌類はかなりの量が胃腸に流されていってしまうので、それほど口臭も気になるほどではないことが多いです。しかし、夜間の睡眠時では唾液はほとんど分泌されず、食物残渣は口腔内に長時間停滞し、その食物残渣などをエサに細菌等が爆発的に増殖することになるのです。

ただし日中でも空腹時や疲労時、緊張時には唾液の分泌が減少するので、口臭が強くなることがあります。

2、病的口臭

重度の虫歯や歯周病そのものも口臭の原因になります。虫歯や歯周病の治療を受けることは口臭予防の上からも大切なことでしょう。

3、心理的口臭

生理的な範囲での口臭(誰にでもあるレベルでの口臭)にもかかわらず、本人または(本人の周囲の)家族などが口臭を気にしすぎることもあります。それを心理的口臭と言います

しかし、心理的口臭かもしれないと思っても、一度歯科医院に受診し、診察を受け心理的口臭に過ぎないか否か確認したほうがよいでしょう。心理的口臭でない場合もあるのですから。

4、その他の口臭

胃、食道、咽頭部、気管支、肺周辺に病気(疾患)などがある場合は、それらの病巣から発生する臭いが口腔内に逆流し出てきて、口臭の原因となる場合があります。

また、硫化水素などの口臭の原因である臭いを発生させる原因物質が、何らかの要因(原因が不明のこともかなりあります)で絶えず口腔内に存在しつづけるために口臭がある場合もあります。

治療法

基本的に、多くの場合では正しい歯磨き方法などの清掃方法を習得し、虫歯や歯周病の治療をすれば、口臭で悩むことはなくなると言えるでしょう。

(ただし歯磨きも、それなりにトレーニングしないと歯垢などは隅々までなかなか落ちません詳しくは「歯磨き方法」のページを参照してください。)

もし、胃、食道、咽頭部、気管支、肺周辺に病気(疾患)などがある方の場合は、それらの治療などが口臭の防止につながることもあります。

口臭の治療は、場合によっては非常に綿密で慎重な対応が必要になってくる事もありますが、まずは当院での受診をお勧めします。受診された上で、さらに専門的な治療などが必要である場合は、大学病院の口臭外来(例えば愛知学院大学歯学部付属病院口臭治療科)などを紹介させていただいています。

 

▲予防法へのよくある質問TOPへ

▲よくある質問コーナーTOPへ

サハシ歯科