冷たいものがしみる

冷たいものがしみる”主な原因として以下のものがあります。

虫歯が原因

虫歯がより深く進行した結果、虫歯菌などで歯髄(いわゆる”神経”)が刺激されて、”冷たいものにしみている”場合

治療法としては、虫歯の部分を除去して詰め物をするか、より重度であれば、歯髄(いわゆる”神経”)を除去して歯全体に冠(金属、セラミックなど)を被せることになるでしょう。

歯みがきが原因

力の入りすぎた歯みがきなどにより、歯肉が退縮して(下がって)、比較的軟らかい歯の歯根部が露出した後にさらに歯根部が磨り減り、その結果歯根部の知覚過敏の症状として”冷たいものにしみている”場合

治療法としては、多くの場合では知覚過敏を起こしている露出した歯根部の表面に知覚過敏抑制剤を塗布しますが、より重度であれば、歯根部が磨り減った部分に詰め物をするか、さらにかなり重度の場合は、(虫歯治療の時と同様に)歯髄(いわゆる”神経”)を除去して歯全体に冠(金属、セラミックなど)を被せることになる場合もあります。

なお、虫歯でなくても歯が磨り減ることがあるのですかの記事、”「歯の神経を抜く」とは、どのような治療が行われるのですか?の記事および一生けんめい歯みがきをした結果・・・・・の記事も併せて参照してみてください。

重度の歯周病が原因

歯周病がかなり重度に進行していて、本来は歯槽骨などの歯周組織で覆われている歯根部が、露出してしまい、その結果冷たいものにしみている場合

治療法としては、歯周病の治療を原則として行いながら、その経過をみながら対応していくことになります。

サハシ歯科