名古屋市天白区のサハシ歯科(緑区に隣接)は、歯周病治療、虫歯予防、口腔外科に 熱意を持って取り組んでます
ブログ
  • HOME »
  • 歯みがき方法

歯みがき方法

なぜ一生懸命みがいても虫歯、歯周病になるのか?

1)歯垢がなければ虫歯も歯周病もなくなります

歯垢は食べかすをエサにして増えた、歯の表面にこびりつく白っぽいネバネバ(バター、チーズ状)の細菌等の塊です。垢の9割以上が細菌です。歯垢は、それぞれ細菌等の種類によって違いますが、虫歯を起こす原因にも歯周病を起こす原因にもなります。歯垢がなければ、虫歯も歯周病もなくなります。

ちなみに、ペットの口の中にも歯垢は存在します。むしろ、人間のようには歯みがきできない事が多いので、人間よりペットの方が歯垢が多いのです。そのペットの舌などで人間がなめられると、ペットの歯垢が人間にうつるのです

2)歯を磨いていてもなぜ虫歯も歯周病も防げないのか ?

熱心に一日に何回も歯を磨いていても虫歯や歯周病(歯槽膿漏)になる人は多いです。

その原因は

第一に歯みがき以上に間食の取り方が大きく影響しています。

たとえば夜寝る前の間食や不規則な間食の摂取などは、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を確実に進行させます。また、全身の健康状態(糖尿病などの病気、体質)の影響も受けます。

第二に”食べかす”を落とせば虫歯が予防できると考えているからです。

 

家族

歯を磨くとき、”食べかす”を落として虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を予防できると考えている人が多数でしょう。

しかし、”食べかす”の除去だけで、は虫歯も歯周病(歯槽膿漏)も予防できません

もちろん身だしなみとしてのエチケットとしてはよいでしょうが、これでは口の中の病気の予防は100%不可能です。

なぜならば、上記のように虫歯も歯周病(歯槽膿漏)も、歯垢中の細菌などが繁殖しておきてくる病気だからです。

つまり、歯磨き(ブラッシング)で、食べかすだけでなく、歯垢まで落とすかどうかが虫歯も歯周病(歯槽膿漏)を予防できるかどうかの決め手になると言ってよいでしょう。

ところが、この歯垢はネバネバ、ぬるぬるした性状で、なかなか自己流で落とそうとしても なかなか落ちません。

力任せにブラシを当てると歯肉が傷つき、退縮などするだけで歯垢は、まったく落ちません。

特に、歯垢は、歯と歯肉の隅の部分に特に残りやすく、まさにその隅の部分が、虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の多発する部位です。

歯の汚れがとれにくところ

ですから、虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の予防は「いかに隅々まで歯垢を落とすか」にかかっていると言ってよいです。

▲歯みがき方法のTOP

具体的な歯の磨き方

 

歯磨きの方法

(図は、名古屋市天白区のサハシ歯科パンフレットより転載)

歯磨き方法(ブラッシング)は本などで絵や図をみて模倣してもなかなか上手にできません。

もちろん大雑把にはできますが、これでは隅々まで磨けません。

隅々の歯垢まで磨き落していないと虫歯も歯周病も予防できません。

隅々の粘着した歯垢まで落とすには、歯磨き方法のトレーニングが必要不可欠ですが、そのためには、歯科医などの指導者と共に実際に歯ブラシを手に持って、繰り返し歯磨きのトレーニングする必要があります。

なぜならば、各々の患者さん毎に患者さんの状況に合わせて、また各々の異なる歯並びや部位の状況に合わせて、歯ブラシの微妙な動か方や、毛先の当て方があるからです。

また、一度理想的に磨けるようになったとしても、年月と経過と共に自己流になったり、過去の磨き方に戻ってしまうことも多いので、定期的な歯磨き方法の確認や指導は必要です。

サハシ歯科では、歯科医師が責任をもって、初歩の段階から順に患者さんのレベルに合わせて治療室で随時、歯磨き指導をさせていただいています。

■乳幼児や小児の歯磨き方法

約12歳以下の小児や乳幼児は母親など保護者が磨くことが必要です。

歯の磨き方

人は生まれてから約12歳くらいまで徐々に時間をかけて、手先を自分の思うように細かくも動かすことができるようになるので、それまでは保護者の助けが必要なのです。もちろん6~12歳の小児は自分一人で磨けるようになるよう徐々に努力していくことも必要です。

■歯ブラシはどのようなものが良いか

歯ブラシは、できれば歯科医院専用歯ブラシ(ライオン、サンスターなども薬局向けと別に歯科医院専用歯ブラシを作っています)を使うとよいです。ちなみにテレビコマーシャルで流されている”毛先が歯周ポケットの中まで入る歯ブラシ”も、毛先が細すぎるため歯垢を除去するには、あまりに柔らかすぎて、(歯科医院専用歯ブラシと比べて)歯垢が全然落ちないというのが口腔衛生の専門家の間で定まった評価です。

薬局では、いろいろな歯ブラシが売られていますが形が大きすぎたり目を引くために奇をてらい過ぎていたりして、効果的に歯垢が除去するのには適当でない歯ブラシも多いようです。(薬剤師さんは歯科は専門ではないので、やむえません)

▲歯みがき方法のTOP  

歯ブラシによる歯磨きだけでは不十分

歯ブラシによる歯磨き(ブラッシング)だけでは、歯間部(歯と歯の間の部分)の歯垢までは落ちません。

歯ブラシだけでは、せいぜい全体の約7~8割程度しか歯垢は除去できないのです。

特に歯並びの悪い方や歯周病などにより歯肉が退縮して歯間部の隙間が大きい方は、歯ブラシで磨くだけでは多くの歯垢が残ってしまうでしょう。

その歯間部の歯垢を除去するのに、必要不可欠なものがフロスと歯間ブラシです。

なお、たとえ歯周病がそれほど進行しなくても(個人差がありますが)30歳半ば以降少しずつ歯肉は加齢とともに下がっていき歯間部の隙間は徐々に大きくなっていきます。お肌は加齢と共にしわやたるみが増えていきますが、歯肉は退縮していくのです。

もちろん歯周病が進行していく場合は加齢以上に歯肉の退縮は急速に進みます。

個人差はありますが、30歳前半までは、フロスを使用し、それ以降の世代は歯間ブラシを使うとよいでしょう。 

1. フロス

フロスは、主にあまり歯肉が退縮していない若い人(30才半ば前後ぐらいまで)向きのものです。

糸状のものを約20~30cm切り、輪にするか(輪にした法が使用しやすいよいでしょう)、または左右の人差し指に両端を巻きつけイラストのように動かして使います。

ちなみに市販されている”糸ようじ”では、食物の残りカスは落ちますが歯垢はほとんど落ちないので、病気の予防効果はあまりありません。

フロス

なお、フロスは、この記事を見ただけで、自己流で使うと歯肉を傷つけてしまったり、効果的に歯垢が除去できません。

歯科医院でフロスの使い方の指導を受けることが必要でしょう。

■使用するフロスについて

フロスはワックスが付いているか否かでノンワックスとワックスがありますが、清掃用としてはノンワックスがよいでしょう。

ワックスのタイプは滑りがよいので歯間部に多少挿入しやすいのですが、ノンワックスのタイプより歯垢が除去されにくいです。本来、ワックスのタイプは(歯間部を診るための)診査用で、ノンワックスのタイプが清掃用です。

しかし街の大手の薬局などでも(薬剤師さんも歯科は専門ではないのでやむえませんが)ワックスタイプしか売っていない店も多いのが現状です。

フロスの使い方

2. 歯間ブラシ

歯間ブラシ は主に、30代後半以上の人向きの道具です。

もちろん若い世代の人でも、歯間部(歯と歯の間の部分)に隙間がある場合はフロスでなくて歯間ブラシがよいです。

およそ30才半ばより(各個人で程度の差はありますが)、少しずつ加齢とともに歯間部(歯と歯の間の部分)が退縮して歯間部に隙間が徐々に開いて空いてくるのです。

加齢と共に、歯間部の隙間は大きくなり、歯ブラシだけでは歯間部は十分には磨けないのです。

30代後半以降の人の多くは(フロスでなくて)歯間ブラシも使わないと歯間部が十分に磨けないのです。

さらに歯周病の人の場合は、加齢に加えて歯周病の進行とともに、しだいに歯肉の退縮を起こしていきます。

■歯間ブラシの太さ

歯間ブラシは写真のように、いろいろな太さのものがあります。

歯間ブラシは、細すぎるものでは歯垢を除去する効果があまりなくなりますし、太すぎるものでは挿入できません。

各々の患者さんに適したサイズのものを使う必要があるのです。

もちろん一人の患者さんの口腔内でも部位により歯間部の空隙の大きさは異なるので、できれば2種類以上の太さの歯間ブラシを使用したほうがよい場合が多いです。

サハシ歯科では、薬局で売っていない太いサイズも用意し、個々の患者さんに合ったサイズの歯間ブラシをお勧めしています。

歯間ブラシにも使用法があり、患者さんの自己流で使うだけでは、あまり効果的ではありません。

歯間ブラシの使用方法も、歯科医院で実際に口腔内で歯間ブラシを使っていただきながらの指導がよいと思われます。

ぜひ歯科医院での使用法の指導を具体的に受けてから使い始めるとよいでしょう。

街の薬局などでも売られていることもあるサイズ 歯科医院でないと手に入らないサイズ
街の薬局などでも売られていることもあるサイズ 歯科医院でないと手に入らないサイズ

歯間ブラシ

なお、歯間ブラシについては

歯間ブラシを使用すると歯間部の隙間が(使用前に比べて)広くなってしまいませんか?

の記事もぜひ参照してみてください。

▲歯みがき方法のTOP

口腔内の清掃法で特に気つけていただきたいこと

虫歯も歯周病も広い面状の部分から進行することは、多くの場合ありません。

ほとんどの場合、隅(歯と歯肉の境目、歯と歯の隣接面、歯のかみ合わせのみぞ)に残存する歯垢の中の虫歯菌や歯周病菌が虫歯、歯周病も進行させていくのです。

たとえ自己流でも大雑把には歯は磨けます。食べかすを除去して、口臭をなくす程度の歯磨きは自己流でも十分に可能でしょう。

しかし虫歯や歯周病を予防するには、隅々の歯垢をできるだけ取り除くことが重要となります。

それには歯科医院での歯磨き(ブラッシング)方法のトレーニングが必要なのです。

歯磨きのトレーニングは、すべてのスポーツのトレーニングが見たり聞いたりしているだけでは決して上達せず、そのスポーツを実際に指導者の前で行いながら、繰返し絶えず問題点を修正しながら指導していかないと上達しないのとまったく同じで、

歯科医院で歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを実際に使いながら、問題点を修正しながら定期的な指導を受けていかないと隅々まで磨くことができないでしょう。

また、一度正しいみがき方を習得しても、時々受診し繰り返し絶えず問題点を修正しながら指導していかないと、年月の経過とともに、いつの間にか再び自己流の不適切なやり方に戻ってしまうこともよくあります

口腔内の清掃法は、スポーツのトレーニングと同じような考え方が必要でしょう。

Dental equipment

サハシ歯科ではこのような歯磨き法のトレーニングを、歯科医が責任をもって随時繰り返し継続して実施しています。

 ▲歯みがき方法TOP

電動歯ブラシ、(超)音波歯ブラシは有効か?

1.電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、ブラシの形態によって、清掃結果が大きく左右されると考えられます。

A,電動歯ブラシのブラシの形態が、(手動の)歯ブラシと同じ様な形態のもの

細かく歯ブラシの毛先を振動させるという手間は、電動歯ブラシでは不要で、楽に効率的に歯を磨くことができるでしょう。

しかし、(手動の)歯ブラシで隅々まで歯垢を除去できていない人が、このような”(手動の)歯ブラシと同じ様な形態の”電動歯ブラシを使用しても、ブラシの毛先が歯と歯肉の隅々まで到達しないために、隅々に歯垢が多く残ってしまっているでしょう。

B,電動歯ブラシのブラシの形態が、”円形”で同心円で回転するもの

(手動の)歯ブラシでは十分隅々まで磨けなかった人々でも、ブラシの形態が、”円形”で同心円で回転するものを使えば、”円形”のブラシは、狭い口の中でも、かなり自在にブラシを動かすことができるので、当てにくい奥歯や狭い部位など隅々にも容易にブラシを当てることができます。取り扱いに慣れれば、(手動による歯磨きに比べて)かなり簡単に隅々まで磨くことができるでしょう。

”円形”の電動歯ブラシは、健常者のみならず、(手動の)歯ブラシをうまく使えない障害者や高齢者には、特にお勧めです。

なお、電動歯ブラシを使う場合でも、歯垢を(歯と歯肉の)隅々まで除去するには、歯間ブラシやフロスも併用することが必要不可欠です。

2.(超)音波歯ブラシ

(超)音波による効果は確かに有効ですが、(通常の)歯ブラシによるブラッシングと同様にブラシの毛先が歯面の隅々まで当たるような歯磨きができなければ、せっかくの(超)音波も有効に作用しません。

 ▲歯みがき方法TOP

歯のリンス、うがい薬、薬用歯磨剤は有効か?

歯磨剤、薬用歯磨剤、歯のリンス

1、歯のリンス、うがい薬

歯垢を分解できるという点では、無用なものではありませんが、毎日常時使用すると、虫歯菌、歯周病菌などの病原菌だけでなく、口腔内の常在菌(いわゆる善玉菌)も含むすべての菌を歯のリンス、うがい薬が、除菌してしまうことになり、その結果として、口腔内で、常在菌の数が極端に少なくなり、逆に繁殖力の強い虫歯菌、歯周病菌などの病原菌が異常に増えてしまう状況になります。

いつもは歯垢はあくまでブラシで除去するのを基本とし、歯のリンス、うがい薬は補助的に、時々使用する程度にしたほうがよいでしょう。

2、歯磨き剤

市販の”薬用成分入りの歯磨剤”は、その薬用成分が有効な場合もあります。

また”フッ素入り歯磨剤”は、(特に若い世代の人々には)歯質を丈夫にする効果があります。

しかし、歯磨きの際に、ブラシの毛先が歯面の隅々まで当たるような歯磨きができていなければ、薬用成分やフッ素も本来の効果をあまり期待できないでしょう。

また、歯磨剤には、歯への着色を防止するため研磨剤が含まれていることも多く、この研磨剤によっても歯肉や歯根が傷つき歯肉の退縮や歯根が磨り減るのこともあるので、歯磨剤の使用は少量にした方がよいでしょう。

ちなみに歯磨剤は、たとえほんの少量でも十二分に口の中で泡立ちます。

なお、歯磨き剤は口腔内で泡立つので、歯ブラシの毛先が歯面に正確に当たっているかどうかを(鏡などで)確認するのを、歯磨き剤が妨げます。そのため、初めに歯磨き剤をつけずに歯磨きした後で、歯磨き剤をつけて仕上げ磨きするのもよいでしょう。

歯ブラシ、フロス、歯間ブラシと歯磨剤、薬用歯磨剤、歯のリンスとの関係

たとえ歯磨剤、歯のリンスを一切使わなくても、(歯に着色は付きますが)歯ブラシとフロス、歯間ブラシをしっかり行っていれば、虫歯も歯周病も予防できるのです。

逆に歯磨剤、歯のリンスをたっぷり使用していても、歯磨きがおろそかになっていれば、どんどん虫歯が発生し、歯周病も進行していってしまうのです。歯磨剤、歯のリンスなどの効果は、補助的な役割のものなのです。

虫歯、歯周病の予防法の優先順位

第一番目に、間食などの飲食に気をつける 。

第二番目に、歯磨き方法(ブラッシング)、フロス、歯間ブラシの使用方法をトレーニングし、歯垢をできる限り、隅々まで除去できるように日々努力する。

第三番目に、歯磨剤、歯のリンスも補助的に使ってみる 。

というように優先順位を考えるとよいでしょう。

これらを歯科医院での治療、指導と併せて行うことが必要です。

 ▲歯みがき方法TOP

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ