歯周病(歯槽膿漏)と糖尿病との関係

糖尿病と歯周病(歯槽膿漏)は、相互にお互いの病状を悪化させていると言われています。

そのメカニズムは、以下のようなものです。

  • 1
    糖尿病が歯周病を、さらに悪化させるメカニズム

糖尿病により、全身の免疫力の低下、結合組織の代謝異常、微小血管循環障害などが全身の隅々の部位でも起きます。その結果、全身の一部分である歯周組織においても創傷が治りにくくなり、また容易に細菌に感染しやすい状況になり、歯周病がさらに悪化していきます。

  • 2
    歯周病が糖尿病を、さらに悪化させるメカニズム

とう歯周病が進行した状況では、歯周組織で歯周病菌により炎症性サイトカインや、様々なサイトカイン(TNF-αなど)と呼ばれる毒性の高い物質や、歯周病菌由来の抗原などが絶えず産生されていて、それらが歯肉などの歯周組織の毛細管を通じて、血液中に流入し続けている状態であり、全身の血管の中にそれらの有害物質が絶えず含まれた状況になっています。その結果全身の血管が炎症状態になり、身体の防護反応としてインスリン抵抗性が亢進するため、糖尿病がさらにますます悪化していくと言われています。

糖尿病と歯周病の両方に罹患した患者さんは、(糖尿病でない方に比べて) 非常に歯周病が進行しやすい状況なので、よりいっそう歯周病治療を徹底し継続していくことが重要です。

重度の歯周病に罹患した患者さんで、糖尿病も進行している場合は、主治医の内科の先生との連携、情報交換をして歯周病治療を進めることもあります。

 

なお、糖尿病の治療で、基本的に最も重要なことは、日々の日常生活での食事の管理と運動をする習慣だといわれています。これは日々の生活習慣を改善していくということでもあるでしょう。

歯周病治療において、基本的に最も重要なことは、日々の日常生活での適切な方法によるブラッシングと定期的で継続的な歯石除去です。これも日々の生活習慣を改善していくということでもあるでしょう。

糖尿病治療も歯周病治療も共に今までの日々の生活習慣を変えて、改善していくことが、基本的に重要ということでは、治療上の共通点と言えるでしょう。

また、糖尿病も歯周病も共に、たとえ重症になっても自覚症状がほとんどないことも多いのも、共通点です。

サハシ歯科においては、これらの点に十分配慮しながら歯周病治療を進めさせていただいています。

当院の歯周病(歯槽膿漏)治療

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前9:00~12:00/午後15:00~19:00

※土曜は17:00まで
診療日:月曜日、水曜日、金曜日、土曜日