親知らずの治療

親知らず(智歯)とは

親知らず(智歯)は、最も遅く生える永久歯で、上下左右の一番奥の場所に、おおよそ18歳位から20台になって生え(萌出を)始める場合が多いです。

親知らずは、生えるスペースが十分に口腔内になくて、斜めや横に倒れて生えたり(萌出したり)、生えてこれないまま骨の中埋まっていることのほうが、多いです。

親知らずが一番奥の場所で斜めや横に倒れて生えて(萌出して)いる場合には(どんなに工夫しても)十分なブラッシングが出来ないことも多く、虫歯になったり、周辺の歯肉に強い炎症(智歯周囲炎)を引き起こし、腫れあがる場合もあります。

また、このような場合(抜歯しないと)長期(何十年間でも)にわたり手前の歯を前方に押し続け、前歯の歯並び(特に下顎の前歯)を少しずつ乱し続け、乱杭歯にしていきます。

「斜めや横に倒れて生えて(萌出して)いる親知らず」の治療について

虫歯の治療で詰めたり被せたりできない場合も多く、また歯肉の炎症も(十分なブラッシングや歯石除去ができず)再発や進行を抑えることができない場合も多く、誠に残念ながら、根本的に親知らずを治すには、抜歯をしないと解決しないこともあります。

下顎の親知らずは

咽頭部(のど元)に近く、また筋肉(開口、閉口筋)もすぐ真横にあるため(個々の状況により異なりますが)抜歯の直後には炎症が周辺の組織に広範囲に広がりやすく、抜歯後の2~3日間は、口が開きにくくなったり、頬や顎の下まで腫れたり、つばなどを飲み込んだ時にのどに痛みを感じたりすることも多いです。

あまりに斜めや横に倒れて萌出していたり、完全に歯肉や骨に埋まっている下顎の親知らずの抜歯後には、特に安静にするなどの配慮をしたほうがよいでしょう。

上顎の親知らずは、下顎の親知らずと異なり、抜歯後の症状があまり出ない場合が多いです

抜歯後の症状(”腫れたり、強い痛みを感じたり、口が開きにくい”症状)は、上顎の親知らずでは多くの場合(状況にもよりますが)あまり出ないでしょう。

なぜなら多くの場合、上顎の親知らずの周辺は筋肉(開口、閉口筋)から離れていて、咽頭部(のど元)からも距離があるからです。

ただし、上顎の親知らずでも、かなり深く骨の中に埋まっている場合などでは、術後の症状(腫れや痛み、開口障害)が出ることもあります。

サハシ歯科では、基本的には、斜めに生えたり骨の中に埋まっている親知らずの抜歯も行っていますが、あまりに特に深く骨の中に埋まっている親知らずなどは、入院施設のある病院の歯科口腔外科に、紹介し抜歯を依頼しています。

(なお病院では、患者さまに入院して頂き、親知らずの抜歯を行う場合もあります)

以下のイラストは下顎の親知らずが、斜めに生えたり骨の中に埋まっている場合の例です。

「歯科小手術の臨床」(歯界展望別冊1983)内の「埋伏歯の臨床」(山根源之著)より、改変し引用

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前9:00~12:00/午後15:00~19:00

※土曜は17:00まで
診療日:月曜日、水曜日、金曜日、土曜日