名古屋市天白区の歯医者、痛みの少ない虫歯・歯周病治療、こだわりの入れ歯治療、お得なホワイトニング

〒468-0025 名古屋市天白区高坂町75-2
地下鉄(桜通線)相生山駅・神沢駅から車で約3分、徒歩約12分

診療時間

9:00~12:00

× × ×
15:00~19:00 × × ×

△:土曜 午前9:00~12:00/午後15:00~17:00

ご予約・お問合せはこちら

052-801-0002

冠、ブリッジなどの治療方法について

これは、サハシ歯科にておこなわれている治療方法などについての記載です。

歯全体にかぶせる冠の材料と治療方法

保険診療

保険診療で奥歯にかぶせる材料(金属)

①前歯

前歯(左右の犬歯つまり左右の糸切り歯の間に萌出している歯)は、すべて保険診療でも白く冠を被せることができますが、その内面全体は金属(金銀バラシジウム合金)で、表側(口唇の方)に白いプラスチック系の材料を貼り合わせたもの(レジン前装冠)を装着することになります。

この材料の長所は、とりあえず見栄えが白く良いところでしょう。

短所は、経年的に徐々に白い部分が茶褐色に変化し(喫煙、食生活習慣などによる個人差もありますが)、5~10年以上経過すれば、色彩の変化は次第にあります。

また、(歯のかみ合わせの状況などで個人差がありますが)経年的に(特に10年以上経過すると)白い部分が磨り減ってきて、内側の金属部分が、次第に露出してくることがあります。

②奥歯

保険診療では、奥歯(臼歯)に対しては金属(金銀バラシジウム合金)を冠に基本的には使います。保険診療で使用する金属でも、長年の使用に耐えうる十分な耐久性や強度はあります。

 ただし小臼歯(前歯のすぐ隣の奥歯)のみは、咬合状態や歯などの状況によってはCAD、CAMによる(保険用の)セラミックで白く冠を被せることができる場合もあります。

また、金属アレルギーの人や、特定の条件下にある大臼歯では、その状況しだいで、白く冠をかぶせることができる場合もあります。

なお、保険で使用できるセラミック冠は、自費で使用するセラミック冠(ジルコニア)に比べると、少し強度が低く、破折する可能性も多少高くなります。

自費診療

自費診療のジルコニア

①ジルコニア

現在、当院では自費診療では前歯も臼歯も主にジルコニアという白い材料(セラミック)で、冠を被せています。

このジルコニアとは、高性能の材料(人工ダイヤモンドと言われるほど硬くて、強度や耐久性などのある材料)を使いCAD、CAMによってつくられる白いセラミック冠です。(1本税抜7万円)

金属アレルギーの心配も皆無です。

なお前歯では、ジルコニアの上にさらにセラミックを焼き付けて、さらに審美性を高くすることもできます。(この場合1本税抜8万円)

②メタルボンド

メタルボンドとは、金属(当院ではプラチナとゴールドの合金を使用)に、セラミックを何層にも焼き付けながら盛り上げたものです。患者様の歯のかみ合わせの状態(かみ合わせの高さがかなり低い、かなり強い力が咬む際にかかる場合など)によっては、(ジルコニアよりも)メタルボンドを、お勧めする場合もあります。ただし、この方法は貴金属(ゴールド、プラチナ)を使用するので費用は、それなりに高額(ジルコニアの約1.5~2倍程度の価格)になります。具体的な費用は貴金属価格に左右されるので時価です。

③ゴールド(Gold)

18K、20Kのゴールドは、歯に最も近い硬度であり、歯の経年的磨耗にともなう変化にも調和でき、さらに金箔になるほど薄く伸延させることができるので、抜群の適合性(歯質と材料の緊密度が最も高い材料)があります。

ただし、その金属色(独特の黄金色)を嫌い、天然色の白い歯を好む人々も最近は増えていることも確かです。なお、ゴールドの地金価格が近年急上昇中のため、(以前よりは)高額な治療費がかかるようになりました。ちなみに費用は時価です。

口腔の外からは、それほど見えない奥歯の部位に使う材料としては、非常に良い材料かと思います。

ブリッジで使う材料、治療方法

ブリッジとは、歯が喪失している場合に、喪失部分と隣接する両側(左右または前後)の歯に冠を被せ、つなぎ合わせ(あたかも喪失部分に”橋”をかけるようにして)一つの塊として作ることにより、喪失部分の形態を回復させるものです。

保険診療

原則として、保険診療ではブリッジにおいて、喪失している箇所に隣接する歯にかぶせる材料は、上記の”歯冠部全体にかぶせる冠の材料”と同じになります。

つまり、前歯の部分は、保険診療でも白く冠を被せることができますが、その内面全体は金属で、表側(口唇の方)に白いプラスチック系の材料を貼り合わせたもの(レジン前装冠)になります。奥歯(臼歯)の部分に対しては金属(金銀パラジウム合金)を使います。

ただし、ブリッジでは、(冠の場合と異なり)小臼歯の部分は、金属で全体をかぶせることになります。

歯が喪失している箇所(ダミ-部分)に使われる材料は、前歯のダミーは隣接する歯と同じレジン前装冠となり、奥歯(大臼歯、小臼歯)のダミーは金属を基本的には使うことが多いです。

ただし、状況によっては、奥歯のダミーの一部分に白いプラスチック系材料を使うこともあったり、臼歯のダミーにレジン前装冠が使える場合もあります。

また、金属アレルギーのある方は、ある特定の条件が整えば、(保険診療で認可された)白い特殊な材料を使える場合もあります。

自費診療

ジルコニアによるブリッジ(内面から見たところ)

当院での自費診療のブリッジは、すべて(喪失している歯の本数分も、各々1本と数えて)ブリッジで被せる歯の本数分の費用となります。(ジルコニアは1本あたり税抜7万円、メタルボンドとゴールドは時価です。)

①ジルコニア

多くの場合、ブリッジでもジルコニアが使用できます。

ジルコニアのブリッジの材料は、上記の”歯冠部全体にかぶせる冠の材料”でのジルコニアと同じになります。

ジルコニアによるブリッジは、喪失している箇所(ダミー部分)にも、隣接する(ダミーを支える)両側の歯にもジルコニアを使用します。CAD、CAMにより完全に一つの塊として作られます。

 

②メタルボンド

メタルボンドのブリッジの材料は、上記の”歯冠部全体にかぶせる冠の材料”でのメタルボンドと同じになります。

メタルボンドは、十分な強度と耐久性があり、数十年以上前から広く問題なく自費診療で行われてきた実績があります。特に強度を必要とするブリッジでは、確実に信頼できる材料です。患者様の状況(広範囲の場合や緊密な咬合関係など)によっては、ジルコニアではなくて、メタルボンドでの治療をお勧めする場合もあります。

当院では、ブリッジでは、まずジルコニアを検討し、患者様の状況(欠損部が広範囲の場合や咬合関係など)によってはメタルボンドをお勧めしています。

 

③ゴールド(Gold)

ゴールドのブリッジの材料は、18Kのゴールド(20Kでは、ブリッジに必要な強度が足らないため)を使用します。

ゴールドは歯に最も近い硬度があり、歯の経年的磨耗にともなう変化にも調和でき、さらに金箔になるほど薄く伸延させることができるので、抜群の適合性(歯質と材料の緊密度が最も高い材料)があります。

歯に部分的に詰める材料と治療方法

保険診療

現在基本的には、部分的に詰める場合は、前歯も臼歯(奥歯)も白い色の高分子材料(CR、コンポジットレジン)で、(詰める範囲が広範囲でなければ)多くの場合治療できます。

この材料は、口腔内でペースト状の高分子材料を盛り上げて成形した後、専用の光線(紫外線に近い波長の青い色の光線)を照射し、高分子材料を硬化させるものです。

ただし、臼歯(奥歯)などで広範囲に詰める必要がある場合には、金属(金銀バラシジウム合金)を使うこともあります。なぜならば高分子材料は、強度や適合性において限界があり、臼歯に広範囲に詰めるには金属を使わざる得ない場合もあります。

前歯で、保険診療で広範囲に詰める必要があるけれども、高分子材料では、強度や適合性で限界があるために使えない場合は、上記の”歯に被せる材料と治療方法”の”前歯”の項目に記載した、白い色の”レジン前装冠”で、歯全体を覆います。

しかしサハシ歯科では、できるだけ白い高分子材料(CR、コンポジットレジン)を使用するようにしています。

自費診療

ジルコニアによる詰め物

保険診療の材料に対してアレルギーがある方や、より耐久性や強度などを求められる方には、高性能の材質のジルコニア(税抜3万~6万円)を使って詰めることもできます。

また、20Kまたは18Kの金(ゴールド)を使うこともあります。(費用は時価)

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前9:00~12:00/午後15:00~19:00

※土曜は17:00まで
休診日:木曜日、日曜日、祝日