抜歯後の注意事項

  • 抜歯の当日はお口をあまり強くゆすがない 
  • 出血が気になる場合はガーゼで傷口を圧迫する
  • 抜歯当日の夜は頭部周辺にタオルを敷いておく
  • 抜歯後に麻酔が効いた状態が約2~3時間程度続くことも多いので注意
  • 抜歯後2日目からは、うがい・歯磨きなどをしっかり
  • 抜歯当日の食事は刺激のないもの、やわらかいもの
  • 抜歯当日は激しい運動・入浴・飲酒はやめる
  • 内服薬は必ず指示通りに(毎食後などに)服用
  • 1
    抜歯当日は、お口をあまり強くゆすぐことは、控えるとよいでしょう。

お口をあまり強くゆすぐと、固まりかけた血餅(かさぷだのようなもの)が、はがれ落ちやすくなります。

  • 2
    抜歯当日、出血が気になるときは、清潔なガーゼなどを、抜歯した部分に咬んで(20分程度)傷口を圧迫するとよいでしょう。

20分間程度咬んでも出血が、まだ気になる場合には、新しいガーゼ に交換して咬むとよいでしょう。なお、その際にティシュペーパーや綿花などは(その一部が傷口に入り込み残存してしまい、そのため傷口の回復がかなり遅れる場合もあるので)使用しないほうがよいでしょう。

  • 3
    頭部周辺にタオルなどを敷いておくとよいでしょう

抜歯当日の就寝時は、口からの出血で枕や布団を汚す可能性もあるので、頭部周辺にタオルなどを敷いておくとよいでしょう

  • 4
    抜歯後に麻酔が効いた状態が約2~3時間程度続くことも多いので(特に子供さんの場合)麻酔が切れるまでに誤ってロ唇及び舌などをかまない様に注意するとよいでしょう。

歯や身体の状況などによって、かなり異なりますが 多くの場合、麻酔がきれますと、その直後から痛みはありますが、腫れる場合には翌朝より腫れてくることが多いです。

  • 5
    抜歯の当日も食事は抜かずに、(たとえ少量でも)できるかぎり摂取したほうがよいでしょう。

ただし、なるべく刺激のあるものをさけ、軟らかめのものを反対側で食べるようにするとよいでしょう。ちなみに食後に服用の内服薬(抗生物質など)は、たとえ一口食べただけでも、(薬には)食後ということになります。

  • 6
    抜歯後2日目からは、うがい・歯磨きなどをしっかり行い、口の中をできるだけ清潔にするよう心がけるとよいでしょう。
  • 7
    抜歯当日は激しい運動・入浴・飲酒はやめて早めに休み、十分睡眠をとり休養するとよいでしょう。
  • 8
    内服薬は必ず指示通りに(毎食後などに)服用しましょう。

ただし痛み止めの薬は、痛い時のみの服用でもかまいません。なお、皮膚に発疹、かゆみなどの身体に何か異常が出るようでしたら、ただちに薬の服用を中止し、歯科医までご連絡下さい。

その他、心配や不安があるようでしたら、まず歯科医に相談してみるとよいでしょう。

サハシ歯科は口腔外科も行い、抜歯後の対応も的確にするよう心がけています。

なお、この記事をご覧になった多くの方が、「お勧めの歯みがき方法など」のページも参照されています。

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前9:00~12:00/午後15:00~19:00

※土曜は17:00まで
診療日:月曜日、水曜日、金曜日、土曜日