歯科疾患と全身疾患

歯科疾患と全身的な病気との関係は、密接な関係があります。

特に糖尿病と歯周病は互いの病気の進行に相互に関連がかなりあります。

骨粗しょう症で治療中の方は顎の骨に特に影響が現れやすく歯科治療上配慮が必要でしょう。

皮膚病や金属アレルギーの原因が口の中の病巣にあることもめずらしくありません。

これらについて、詳しくは”糖尿病は歯周病・・・”、"骨粗しょう症で・・・”、”皮ふ病の原因として・・・”などの記事を参照ください。

最近では、脳梗塞や心筋梗塞に罹患した方の脳や心臓から、歯周病や虫歯の原因菌などが検出され、またそれらの菌が、脳梗塞や心筋梗塞が発病した原因の一つとなっている可能性が高いとも言われ、またアルツハイマー型認知症の発病にも、歯周病菌が深く関わっている可能性があるとも言われています

また、最近手術が必要な”ガン”などの患者さんでは、手術前後の口腔内の管理(歯石除去、歯磨き、虫歯治療など)の有無が手術の成功、不成功を、大きく左右するほどの影響があることが判明してきました。

つまり、口腔内が管理されておらず(歯石除去、歯磨きなどがあまりされておらず)、多量の細菌類が口腔内に存在したままの状態下での、頭部、耳鼻咽喉部、気管支、肺周辺部などの口腔周辺の手術の場合は、手術時に直接手術部へ多量の細菌類が進入することになり、重度の感染症などを併発する可能性がきわめて高くなり、大きく手術の成否を左右してしまいます。 

また、手術部位が口腔より離れている場合でも、食物に混じって多量の細菌類が移動し、胃腸から体内に吸収される一方で、口腔内からも直接毛細血管を通じて細菌類が体内に多量に侵入し、その結果血液などを通じて全身中で多量の細菌類が繁殖し、手術後の感染症が、より併発しやすくなります。 

そのため、最近、このような「ガンなどの手術の前後の口腔管理を目的とする」病院と歯科医院との連携が、さかんに日本の各地でされています。

現在、当院では、名古屋第二赤十字病院藤田医科大学病院名古屋市立大学病院名古屋記念病院とも連携しています。

この口腔管理は、”周術期口腔機能管理”という名目で、医療保険でも認められています。

ご予約・お問合せは、こちらへ

お電話でのご予約は、こちらへ
052-801-0002

診療時間:午前9:00~12:00/午後15:00~19:00

※土曜は17:00まで
診療日:月曜日、水曜日、金曜日、土曜日